アプリ

kindle unlimitedとPrime Readingの違いを徹底解説【お得なのはどっち?】

Amazonの電子書籍読み放題サービスにはkindle Unlimited」と「Prime reading」があります

この2つのサービスはいったい何が違うのか?

電子書籍読み放題サービスを探しているならば一度は感じる疑問だと思います

そこで、今回は

  • 会費
  • サービス内容
  • どちらのサービスがおすすめか

を解説していきたいと思います

どちらに入ろうか検討中の方はぜひ参考にしてみてください

「kindle Unlimited」と「Prime reading」に共通していること

この2つのサービスに共通していることは、

  • 好きな端末でどこでもいつでも読める
  • 対象作品をいつでもどこでも好きなだけ読める

Prime Readingって何?

Prime Readingとは、Amazonが提供する電子書籍の読み放題サービスのことです

Amazonプライム会員向けに展開されているサービスのひとつになっています

対象となる本は約900冊で、ビジネス書や漫画など、多種多様な本を読むことができます

さらにPrime Readingで対象の本は、定期的に入れ替えられているので、

読みたい本を見つけた場合は早めにダウンロードしておくようにしましょう

自分の端末にダウンロードした本であれば、Prime Reading対象から外れた後も読むことができます

またPrime Readingでは一度にダウンロードできる書籍数は10冊までになっているので、

その状態で新しい本を読むには、何か1冊削除する必要があります

ただ同時に10冊読むことはそんなにないと思います

長期間海外に行くなどという特殊ケース以外では困ることはありません

また、Prime Readingを利用するには、Amazonが提供するKindleアプリが必要になってきます

Prime Readingを利用するにはAmazonプライム会員になろう

Prime Readingは、Amazonプライム会員であれば誰でも利用が可能です

Prime Readingを利用するために、Amazonプライム会員への申し込みは必須となります

ここからはAmazonプライム会員について簡単にみていきます

Amazonプライム会員って何?

Amazonプライム会員とは、会費を支払う対価にAmazonの様々なサービスを無料またはお得な価格で受けることができるサービスのことです

Prime Readingの他、Amazon Prime MusicやPrime Video、お急ぎ便の無料特典などを受けることができます

月会費は500円、 年会費は4,900円です

1年分まとめて支払った方が、月会費を12回支払うより100円安く済みます

1年間使い続けることがわかっている方は、年会費で支払ったほうがお得です

Amazonのプライム会員向けのサービスの中に、Prime Readingも含まれているため、

プライム会員の会費を支払っている方であれば誰でもPrime Readingを無料で利用することができます

Amazonプライム会員には無料期間がある

上記の通り、Amazonプライム会員にはお試し期間があります

30日間はAmazonプライム会員の様々なサービスを無料で試すことができるのです

30日間であれば、Prime Readingだけでなく、Amazon Prime VideoやAmazon Prime Music、配送特典なども利用することができます

せっかく無料で使えるのですから、いろいろな特典を試してみましょう

学生専用!Prime Student

学生の方には、通常申し込みよりさらにお得な「Prime Student」というプランがあります

Prime Studentは無料体験期間が6か月間用意されています

Amazonのサービスを楽しむには十分な期間であり、またAmazonから抜け出せなくなるにも十分すぎるほどの期間です

また、Prime Student限定で辞書アプリの割引サービスも提供されています

学生の方は、通常プランの申し込みではなく、こちらのPrime Studentを申し込むよう気を付けましょう

kindle Unlimitedは純粋な月額制の電子書籍読み放題サービスで月額980円

Prime readingは「Amazonプライム会員」の特典の1部となっており、月額がプライム会員費用の410円(年間費4900円)です

もしくは完全月額制プランの500円も存在しています

月々570円の差ではあるが、サービス内容が全くの別物です

「kindle Unlimited」と「Prime Reading」の月額費用の差は、たったの657円ですが、対象作品の数は雲泥の差となっています

サービス名 kindle Unlimited Prime Reading
対象者 誰でも プライム会員
会費 980円 0円(※410円)
対象作品数 20万冊以上 900冊前後
無料期間 30日間 30日間

※プライム会員費用

kindle unlimitedの利用はこちら

kindle Unlimitedの詳細

kindle Unlimitedは月額制のサービスで誰でも気軽に入ることが出来ます

対象作品数も20万冊以上(洋書は別で120万冊)あるので、「読みたい本がなにもない」ってことはまずないはずです

詳細は、「kindle unlimitedの始め方【これだけで簡単に始められる】」でまとめています

kindle unlimitedをまとめるとこんな感じです

  • ガッツリと本が読める
  • いろいろなジャンルの本が読める
  • 月に1冊本を読むか読まないかの人には不向き
  • 紙の本が好きな人には不向き

Prime readingの詳細

Prime readingはAmazonプライム会員になっていないと使えないサービスとなっています

あくまでもプライム会員の「おまけ」的なサービスなので対象作品は現状900作品と少なめ

「いろんな本が読みたい」って人には物足りないサービス内容なので、kindle unlimitedをオススメします

kindle unlimitedの詳細は、「kindle unlimitedの始め方【これだけで簡単に始められる】」でまとめています

ただし、プライム会員にはこのPrime reading以外にも、さまざまな特典があるので、プライム会員になることはめっちゃおすすめです

プライム会員のメリットをさらっと説明すると、

  • 配送料、日時指定が無料
  • 映画見放題
  • 音楽聴き放題
  • 写真保存し放題
  • ベビー用品が格安で買える

など盛りだくさんです

Prime Readingはその1部のサービスとして考えればとてもお得なサービスかと思います

Prime Readingのメリットはこんな感じです

  • 暇つぶしに本でも読むかって人には十分
  • 1冊でも読めば十分に元をとれる
  • ガッツリと本を読みたい人には不向き
  • 毎月2冊以上読む人はkindle Unlimitedのほうがお得

漫画や雑誌、洋書を読みたい方はKindle unlimitedの方が多い

Prime Readingにはあまり漫画や雑誌がありませんが、Kindle unlimitedではそれらのタイトルも豊富に用意されています

Prime Readingにも漫画はあるのですが、シリーズの1巻のみや、かなり古い漫画など、漫画を中心に読みたい方には物足りないのが現状です

また、最新の雑誌もKindle unlimitedの方が圧倒的に多いです

漫画や雑誌に加えて、洋書もKindle unlimitedの方がPrime Readingより読み放題の適用冊数が多くなっています

雑誌や漫画が読みたい方はKindle unlimited、活字が読みたい方はPrime Reading

ここからは、実際にサービスを利用している筆者がどちらを導入すべきか悩んでいる方へ、どちらを選ぶべきか解説します

雑誌や漫画、洋書が読みたい方にはKindle unlimited、活字が読みたい方にはPrime Readingをおすすめします

雑誌や漫画が目当ての方には、前述の通りPrime Readingでは物足りません

迷わずKindle unlimitedを選ぶようにしましょう

また、洋書が目当ての方も同様です

一方、Prime Readingは活字が好きな方におすすめです

900冊と数に限りはありますが、定期的にラインナップが入れ替わるため、純粋に読書が好きな方にとっては飽きることなく楽しむことができます

まとめ

今回はkindle unlimitedとPrime Readingの違いについて解説をしました

まだ利用を悩んでいる方はどちらも利用してみることをおすすめします

どちらも一定期間の無料体験が可能なので、実際に使ってみて、合わなければ解約をすればOKです

作業中に読書したいな~

という方にはAudibleがオススメです

好きな書籍を朗読してくれるため、作業中でも読書をすることができます

さらに、今なら好きな書籍が一冊無料となっています

Audibleはここから利用することが出来ます

Audibleはこちらから